HIROのフォトアルバム

dream7788.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 12日

関東遠征北斗星編

宇都宮に着いたら花火大会で大賑わい。見たかったけど眠くて宿に着いたらすぐに爆睡。翌朝、日の出と共に蒲須坂に出発。目指した鉄橋ポイントは草や樹木で覆われ撮影不可能状態。仕方なく急遽近くの堤防へ移動。現地に着くと既に多くの同業者がスタンバイ状態。急いで何とかポイントを見つけ三脚セット。見事な田園風景が広がりいろいろなアングルで撮れそうなのでカメラ3台体制で迎撃。天気は見事なドン曇りで肌寒く、昨日の埼玉の天気が嘘のよう。少し北上しただけなのにこの気温の違いには驚き。雹が降ったり雷雨や竜巻が多く発生する理由が分かったような気がする。昨日、ヒガハスで知り合った名古屋から来ていた学生さんと再会し、雑談しながら北斗星を待っていると、何と北斗星通過10分位前から急に太陽の周りから雲が切れだし日差しがある状態に急変。そして見事に朝日に照らされた北斗星が上野に向けて駆け抜けていきました。名古屋から片道550km、ホントここまで来た甲斐がありました。


サイドから

c0356757_21132995.jpg




望遠で

c0356757_21133733.jpg





広角で

c0356757_21134410.jpg




この後、すぐにやってくる金太郎は残念ながらウヤ。すぐに反対側から下ってくるPF原色2119のタキを楽しみに待っていたら、何と単機。

ここで撤収し、烏山線へ少し寄り道。その後真岡鉄道のSLも撮ってから北斗星の下りを狙うことは出来るが、ベスポジを確保するため真岡鉄道は諦めクリコガへ直行。途中佐野ラーメンで腹ごしらえし、昼過ぎに現地に着くと既に三脚が3本建った状態。何とか空いたスペースに三脚をセットし、暑さを避けコンビニに避難。関東地方のセブンイレブンではアイスカフェオレが既に発売されているんですね。飲んでみたらファミマのアイスカフェオレの方が美味しいと私は思いました。
現地に戻ると来るは来るはどんどん同業者が集まり見事なひな壇が完成。地元の同業者さんたちと雑談しながら待つこと4時間、天気の急変もなく綺麗な夕日に照らされた北斗星が、北の大地に向けて満員の乗客を乗せて駆け抜けていきました。

c0356757_21135256.jpg

いやー今回の関東遠征は見事に作戦が成功し、天気にも恵まれましたね。ホント神様に感謝です。
定期運転時は日中撮ることが出来なかった下り北斗星。この様に撮ることを可能にしてくれたJR東日本にも感謝です。

この後、興奮しすぎで交通事故を起こさないよう慎重に運転し、名古屋までは渋滞無しに6時間で帰ることが出来ました。
















by dream_77 | 2015-08-12 22:05 | JR東日本東北本線 | Comments(0)


<< JR西日本381系山陰本線編      関東遠征カシオペア編 >>