HIROのフォトアルバム

dream7788.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:中央アルプス木曽駒ヶ岳( 4 )


2017年 10月 29日

宝剣岳を登ろう

千畳敷カールから見上げると一番目立つ急峻な岩峰「宝剣岳2931m」。乗越浄土からはすぐ近くですが、頂上を目指すためには岩場を登るための知識、登攀技術、及び登山に適した服装、装備が必要です。

ほとんど鎖場です。ストックとザックを山小屋に置いていくと楽です。

c0356757_11195144.jpg



c0356757_11195773.jpg



c0356757_11200576.jpg



c0356757_11201326.jpg


右側の岩が宝剣岳頂上です。この岩の上に立つのは至難の業ですよ。
c0356757_11202862.jpg


空木岳方面の稜線とロープウェイ乗り場
c0356757_11203674.jpg


空木岳方向の稜線。右側は三ノ沢岳。
c0356757_11204393.jpg


極楽平から空木岳への稜線。この稜線へは登山初心者は立ち入らない方がいいでしょう。
c0356757_11205571.jpg

三ノ沢岳
c0356757_11214711.jpg


翌週縦走した空木岳への稜線。左側が空木岳。右側は南駒ヶ岳
c0356757_11220853.jpg


宝剣岳から空木岳への稜線。鎖場が続きます。
c0356757_11221816.jpg


急峻な岩場を登っていますが、まだ鎖があるだけ簡単な所です。空木岳付近は鎖も無い所があります。
c0356757_11222513.jpg


宝剣岳頂上から見下ろす千畳敷カールは絶景です。
c0356757_11223613.jpg


中岳と御岳
c0356757_11224600.jpg


右奥の山は南アルプス甲斐駒ヶ岳
c0356757_11225643.jpg


左側の頂から南アルプス農鳥岳、富士山、塩見岳
c0356757_11230531.jpg



c0356757_11231439.jpg



c0356757_11232962.jpg
今年の紅葉は台風19号の影響でイマイチの色付きでしたが、一日天気に恵まれ楽しい一時を過ごすことが出来ました。3000m級の絶景を日帰りで楽しめる駒ヶ根は本当に最高の所ですね。ただ混み具合は半端無いです。帰りのロープウェイは乗るのに3時間待ちでした。下山後は温泉に入って疲れを癒し、駒ヶ根名物ソースカツ丼を嗜み帰路につきました。


by dream_77 | 2017-10-29 11:58 | 中央アルプス木曽駒ヶ岳 | Comments(0)
2017年 10月 26日

木曽駒ヶ岳


日本百名山の一座であり、中央アルプスの主峰木曽駒ヶ岳。名古屋から駒ヶ根菅の台バス停まで車で2時間。バスとロープウェイで約1時間。そこから約2時間登るだけで3000m級の山の頂上へ行くことが出来ます。今回で5回目の登頂になりましたが、晴れた日に登る山はやっぱり最高ですね。

中岳より振り返ると、宝剣岳と空木岳方面の稜線が見えます
c0356757_23181621.jpg


ようやく木曽駒ヶ岳が見えました。中岳より
c0356757_23182233.jpg


御嶽山。昨年と比べると噴煙が少なくなりました
c0356757_23182891.jpg


南アルプスの奥に富士山が見えます
c0356757_23183489.jpg


中岳と宝剣岳
c0356757_23184169.jpg


左から御岳、乗鞍岳
c0356757_23184949.jpg


木曽駒ヶ岳頂上は大賑わい
c0356757_23185682.jpg

北アルプスの山々。中央に槍ヶ岳が見えます。
c0356757_23192896.jpg


伊那前岳と南アルプスの山々
c0356757_23193313.jpg


頂上木曽小屋と御岳
c0356757_23193901.jpg


中岳と南アルプスを振り返って
c0356757_23194538.jpg


左のピークから宝剣岳、翌週縦走する稜線、奥に空木岳が見えます
c0356757_23195739.jpg



c0356757_23200340.jpg



c0356757_23200961.jpg



c0356757_23205398.jpg



by dream_77 | 2017-10-26 23:32 | 中央アルプス木曽駒ヶ岳 | Comments(0)
2017年 10月 24日

千畳敷カールを登ろう

菅の台からしらび平まではバス、しらび平からは駒ヶ根ロープウェイに乗り換え一気に標高2612mの千畳敷まで行くことが出来ます。ここに着いたらあせらず高所に順応するため30分から一時間休憩をとりましょう。朝食を食べ、水洗トイレでさっぱりしてから木曽駒ヶ岳に向けて出発です。

c0356757_22204786.jpg



c0356757_22205447.jpg



c0356757_22210019.jpg



c0356757_22210714.jpg




c0356757_22211799.jpg



c0356757_22212903.jpg



c0356757_22213620.jpg



c0356757_22220735.jpg



c0356757_22221300.jpg


約一時間登ると乗り越し浄土に到着します。ここが木曽駒ヶ岳頂上かと思うと大間違い、この先に見えるずんぐりした山も違います。その山の先にありますので、これから木曽駒ヶ岳まではまだ一時間ほど歩く必要があります。
c0356757_22222040.jpg



c0356757_22222740.jpg


天狗荘と中岳
c0356757_22232115.jpg


八ヶ岳方面
c0356757_22232880.jpg


宝剣岳は大渋滞、頂上にだれか立ってますね。
c0356757_22233641.jpg
撮影はNIKON D610+AF-S NIKKOR 24-120mmでした。



by dream_77 | 2017-10-24 22:32 | 中央アルプス木曽駒ヶ岳 | Comments(0)
2017年 10月 16日

千畳敷カール

平地では紅葉が見頃になるのは来月中旬以降になりますが、一足早く紅葉を楽しむため、10月1日は中央アルプス千畳敷カール、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、8,9日は中央アルプス空木岳、13,14,15日は北海道東部遠軽町へ行ってきました。運良く3週続けて天気に恵まれ素晴らしい週末を過ごすことが出来ました。
今回は千畳敷カールの紅葉をご紹介いたします。ここは標高2600mまで、バスとロープウェイを使い年中行くことが出来、日帰りでも簡単に3000m級の山の景色を楽しむことが出来ます。

c0356757_23460255.jpg



c0356757_23460956.jpg


千畳敷カール
c0356757_23461690.jpg



c0356757_23462206.jpg



c0356757_23463134.jpg



c0356757_23463843.jpg


左側の尖った山が宝剣岳です
c0356757_23464375.jpg



c0356757_23471656.jpg



c0356757_23472244.jpg


南アルプスをバックに
c0356757_23472808.jpg



c0356757_23473492.jpg



c0356757_23474095.jpg



c0356757_23474649.jpg



c0356757_23475208.jpg



c0356757_23482848.jpg



c0356757_23483859.jpg



c0356757_23484854.jpg



c0356757_23485520.jpg



c0356757_23490989.jpg



c0356757_23491748.jpg


南アルプス白嶺三山(左から北岳、間ノ岳、農鳥岳)をバックに
c0356757_23492527.jpg



c0356757_23493254.jpg



c0356757_23494051.jpg


by dream_77 | 2017-10-16 23:53 | 中央アルプス木曽駒ヶ岳 | Comments(2)