HIROのフォトアルバム

dream7788.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他の山( 5 )


2017年 10月 16日

千畳敷カール

平地では紅葉が見頃になるのは来月中旬以降になりますが、一足早く紅葉を楽しむため、10月1日は中央アルプス千畳敷カール、木曽駒ヶ岳、宝剣岳、8,9日は中央アルプス空木岳、13,14,15日は北海道東部遠軽町へ行ってきました。運良く3週続けて天気に恵まれ素晴らしい週末を過ごすことが出来ました。
今回は千畳敷カールの紅葉をご紹介いたします。ここは標高2600mまで、バスとロープウェイを使い年中行くことが出来、日帰りでも簡単に3000m級の山の景色を楽しむことが出来ます。

c0356757_23460255.jpg



c0356757_23460956.jpg


千畳敷カール
c0356757_23461690.jpg



c0356757_23462206.jpg



c0356757_23463134.jpg



c0356757_23463843.jpg


左側の尖った山が宝剣岳です
c0356757_23464375.jpg



c0356757_23471656.jpg



c0356757_23472244.jpg


南アルプスをバックに
c0356757_23472808.jpg



c0356757_23473492.jpg



c0356757_23474095.jpg



c0356757_23474649.jpg



c0356757_23475208.jpg



c0356757_23482848.jpg



c0356757_23483859.jpg



c0356757_23484854.jpg



c0356757_23485520.jpg



c0356757_23490989.jpg



c0356757_23491748.jpg


南アルプス白嶺三山(左から北岳、間ノ岳、農鳥岳)をバックに
c0356757_23492527.jpg



c0356757_23493254.jpg



c0356757_23494051.jpg


by dream_77 | 2017-10-16 23:53 | その他の山 | Comments(0)
2017年 09月 29日

藤原岳

先週の日曜日、朝起きたら雲一つ無い快晴。美味しいネタが多く行きたいところがたくさんありましたが、来月予定している過酷な山登りの訓練のため、近場にある鈴鹿山脈の一座である藤原岳1144mに登ってきました。三岐鉄道撮影で藤原岳近辺にはよく行きますが、藤原岳へ登るのは生まれてはじめて。藤原岳は南斜面が太平洋セメント工場により削り取られ形が格好悪いし、標高が低い山なので熊笹が生い茂ったり、頂上付近は樹木で視界がきかないだろうという悪いイメージでした。しかし、登ってびっくり、思っていたイメージと全く違い、頂上付近は平坦なカルスト地形で綺麗なお花畑が一面広がっていました。標高1000mクラスの山とは思えないくらい素晴らしい光景でした。花の百名山の一座でもある藤原岳。また花を求めて何度も登りたくなりました。

頂上付近は山口の秋吉台の様にカルスト台地が広がっていました。
c0356757_23075717.jpg


天狗岩付近
c0356757_23081303.jpg


見事なカルスト地形
c0356757_23082056.jpg



c0356757_23082733.jpg


天狗岩と藤原岳(左奥のピーク)
c0356757_23083397.jpg


見事なカルスト地形
c0356757_23084399.jpg

御池岳

c0356757_23090275.jpg


間違いなくセメントの材料となる石灰岩です
c0356757_23092197.jpg


テンニンソウ
c0356757_23093034.jpg


テンニンソウのお花畑
c0356757_23111217.jpg


右奥が藤原岳頂上
c0356757_23112630.jpg


藤原山荘と藤原岳
c0356757_23113646.jpg



この山が藤原岳です。三岐鉄道のセメント列車。
c0356757_23075092.jpg
ついつい撮り鉄に夢中になりがちですが、たまには蝉の鳴き声や三岐鉄道の吊り掛けモーターの喘ぎ音を聞きながらのんびり山登りするのも楽しいものです。




by dream_77 | 2017-09-29 23:26 | その他の山 | Comments(0)
2017年 08月 17日

燕岳(つばくろだけ)

お盆休み後半は、日本二百名山の一座で北アルプスに初めて登る山として多くの登山者に親しまれている燕岳(2763m)に登ってきました。燕岳はアルプスの女王と呼ばれる優雅で美しい山で、 白い花崗岩砂礫にコマクサをはじめ色とりどりの高山植物が咲き、四季を通して比較的安全に登れる癒しの別天地です。途中の合戦小屋までは北アルプス三大急登の一つで急坂が続きますが、 燕岳登山口(標高約1,450m)から燕山荘(標高約2,712m)へは距離約5.5km 標高差約1,260m、整備された登山道を約4~5時間の山登りです。今年の夏は不安定な天気が続き、本来なら出かけない天気予報でしたが、このまま夏山シーズンが終わってもしょうがないので、綺麗な山岳写真を撮ることは諦め、一度泊まってみたい山小屋アンケートで一番人気の燕山荘に泊まる目的で今回出かけてきました。

燕山荘(えんざんそう)より燕岳を望む。
c0356757_23464584.jpg

燕岳方面から燕山荘を望む。

c0356757_23473464.jpg


燕岳頂上が近づいてきました。
c0356757_23481354.jpg


燕岳頂上。登山者が多いのでしょうか、花崗岩が削られちゃってますね。
c0356757_23482030.jpg



c0356757_23484250.jpg


鷲羽岳が辛うじて見えます。
c0356757_23485226.jpg


コマクサが綺麗でした。
c0356757_23485983.jpg


燕山荘。
c0356757_23480651.jpg


燕山荘の夕食のおかず。手作り感いっぱいです。人気がある理由がわかりますね。トイレは水洗。水は飲用可。飲食物の料金も良心的でした。
c0356757_23501137.jpg


夕食時小屋のご主人のお話があり、最後はホルンの演奏でした。ご主人の弛まぬ努力により、これだけ人気がある山小屋になったんでしょうね。
c0356757_23502120.jpg


一日目の夕日は一面ガスに覆われ撃沈。翌朝のご来光は雲に覆われ撃沈。リベンジ確定です。
c0356757_23510221.jpg

燕山荘と燕岳。

c0356757_23510860.jpg


皆さんご来光を拝めずガッカリです。
c0356757_23511425.jpg



c0356757_23512460.jpg


今度はこの燕岳から槍ケ岳まで縦走したいですね。
c0356757_23513023.jpg







by dream_77 | 2017-08-17 23:33 | その他の山 | Comments(2)
2017年 05月 23日

丸山千枚田

日本の棚田百選に選ばれた「丸山千枚田」。1340枚の規模を誇る日本最大級の棚田であり、その景観は日本一と称されています。後継者不足等により減少していましたが、最近は、毎年100組を超える登録したオーナーにより年間を通して稲作体験が行われ、都市住民との交流と棚田保全活動が行われています。

c0356757_22172164.jpg



c0356757_22173431.jpg



c0356757_22174157.jpg



c0356757_22174918.jpg



c0356757_22175762.jpg
今週が丁度見頃ですかね。


by dream_77 | 2017-05-23 22:19 | その他の山 | Comments(0)
2017年 05月 21日

小淵沢の情景

小淵沢近辺は日本百名山に囲まれ本当に綺麗な情景を堪能できます。撮影ポイント移動中に線路際以外でも少し写真を撮ってきました。

甲斐駒ヶ岳
c0356757_22423493.jpg


八ヶ岳 早朝から地元の方々が草刈りをしてました。
c0356757_22424401.jpg


鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳
c0356757_22425244.jpg


甲斐駒ヶ岳と山桜
c0356757_22425833.jpg


甲斐駒ヶ岳
c0356757_22430624.jpg


鳳凰三山
c0356757_22431399.jpg


富士山
c0356757_22431984.jpg



c0356757_22432813.jpg



c0356757_22433547.jpg
この景色を眺めながら暮らしている人がうらやましいです。
小淵沢に住んでいる人と友達になりたいですね。


by dream_77 | 2017-05-21 22:52 | その他の山 | Comments(0)