HIROのフォトアルバム

dream7788.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:北アルプス焼岳( 3 )


2015年 08月 06日

上高地散策

穂高岳や槍ヶ岳登山の時に上高地を登山基地として使用しますが、今回はたっぷりと時間がありますので、観光客と同じように梓川添いをゆっくりと散策しました。
標高1500mにある有名な避暑地、真夏に訪れるには最高の観光地ですね。

ブナの大木。すごい生命力ですね。
c0356757_23355063.jpg




田代橋より
c0356757_23355801.jpg



水の綺麗さにびっくりです。
c0356757_23360695.jpg





c0356757_23361526.jpg






c0356757_23362225.jpg





梓川沿いに群生する原生林。
c0356757_23362938.jpg






c0356757_23363662.jpg






c0356757_23374869.jpg






c0356757_23385175.jpg






中央が焼岳。水遊び気持ちよさそうですね。
c0356757_23390958.jpg







c0356757_21524899.jpg






上高地を訪れた人は必ず立ち寄る河童橋。人が絶えることはありません。
c0356757_23391866.jpg

今週末は、いよいよ終焉間近になった北斗星、カシオペアとの最後のお別れにヒガハスとワシグリに行ってきます。名古屋ナンバーのプリウスαを見かけましたら遠慮せず一言声をおかけ下さい。雷雨が来ないと良いですね。
















by dream_77 | 2015-08-06 23:51 | 北アルプス焼岳 | Comments(0)
2015年 08月 04日

北アルプス焼岳その2

昨年の夏は週末ごとに雨が降り、なかなか山登りに行くことが出来ませんでしたが、今年の夏は良い天気が続きますね。下界では暑すぎて困りますが、夏山登山には恵まれた年になりそうで、山小屋は多くの登山者で賑わっているようです。
焼岳には今回初めて登りましたが、新中ノ湯ルートを利用すれば何と2時間半登るだけで標高約2500mの日本百名山焼岳頂上に辿り着くことが出来ます。頂上からは目の前に北アルプス穂高、槍、笠等、乗鞍、南アルプス北、間ノ岳等、多くの日本百名山を望め、眼下には梓川に沿って上高地、大正池を見渡せます。
北アルプス、中央アルプス、南アルプスでは日帰りで頂上を往復出来る山は他にもありますが、ロープウェイやバスを使用せず、こんな短時間で登れ絶景を堪能できる山は他にはありません。
同じルートを下山すれば4時間程度で往復することが出来ますが、今回は上高地側に4時間程歩いて下山し焼岳を縦走しました。歩いてみると焼岳は南側と北側では山の表情が全然違うことに気付かされます。今回は焼岳頂上から焼岳小屋までの画像をご紹介いたしますので、見て頂くとその違いが分かると思います。

焼岳頂上より穂高連峰を望む
c0356757_22342897.jpg



左側のピークは笠ヶ岳、右側のピークが奥穂高岳
笠ヶ岳の下部は新穂高温泉
c0356757_22343421.jpg



左側のピークからジャンダルム、奥穂高岳、吊り尾根、前穂高岳。
毎年多くの遭難者が発生します。
c0356757_22344134.jpg




右側眼下には梓川、上高地
c0356757_22345173.jpg




中央の稜線は手前から西穂高岳、ジャンダルム、奥穂高岳。左側奥に槍ヶ岳頂上が少し見えます。
c0356757_22345711.jpg




穂高連峰と梓川。右側は焼岳の溶岩
c0356757_22355618.jpg




天気が良いと気持ちよく登山が出来ますね。
c0356757_22360449.jpg




焼岳北側斜面。南斜面と違い噴火が新しいので斜面の崩壊が著しいです。
勾配も急で上り下りは大変です。
c0356757_22361448.jpg




左奥に白山。右奥は日本海です。
c0356757_22362721.jpg




新穂高ロープウェイ降り場の正面に見える笠ヶ岳。この山に登ることは大変ですよ。
c0356757_22364025.jpg



ハート形の樹林帯と穂高連峰
樹林帯下部に唯一の休憩所焼岳小屋があります。
c0356757_22370130.jpg




中央に大正池
c0356757_22371058.jpg
焼岳小屋からは所々ハシゴがある樹林帯に突入するため写真は割愛。
梓川沿いの絶景は上高地散策でご紹介します。
















by dream_77 | 2015-08-04 22:59 | 北アルプス焼岳 | Comments(0)
2015年 08月 02日

北アルプス焼岳

毎日酷暑が続きますね。暑すぎるので撮り鉄は少しお休みして、涼しい北アルプス焼岳へ日帰りで行ってきました。やっぱり標高1500mを越えると涼しくて天国ですね。

一番楽な新中ノ湯ルートから登山開始
焼岳は北峰(左側)と南峰(右側)2峰があります。
c0356757_16535922.jpg

南東側方面。鉢盛山でしょうか。
c0356757_16540814.jpg

焼岳南斜面はカール状になっていて黒部五郎カールに似ています。
c0356757_16541436.jpg


南峰付近では御岳のように硫黄分を含んだ水蒸気が噴出しています。
c0356757_16542131.jpg


立ち入り禁止の北峰と火口湖正賀池
c0356757_16550388.jpg


南峰から噴出する水蒸気
c0356757_17242972.jpg


南峰の溶岩ドーム
c0356757_16543568.jpg



一番新しい火口
c0356757_16581306.jpg


北峰と火口湖正賀池、右奥に白山
c0356757_16582775.jpg


旧火口と新火口
c0356757_16591613.jpg


北峰と乗鞍岳(左奥)
c0356757_16593221.jpg
焼岳頂上で絶景を堪能後、上高地側へ下山しました。
その2,上高地散策でご紹介いたします。


















by dream_77 | 2015-08-02 17:17 | 北アルプス焼岳 | Comments(0)