HIROのフォトアルバム

dream7788.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:南アルプス光岳( 1 )


2015年 08月 27日

南アルプス光岳

先週末22日、23日に南アルプス光岳(テカリダケ)2591mへ登ってきました。ほとんどの方は光岳を知らないと思いますが、日本百名山の一座ですので、日本百名山踏破を目指す方は登らざるを得ない山です。南アルプスの一番南に位置し、長野県飯田市易老渡(いろうど)から登ることが出来ます。この登山口易老渡まで通じる道が半端無く険しい道で、大雨が降れば落石ですぐに通行止め。台風が来たら一夏通行止めになるような道ですので、今までなかなか登る機会がありませんでした。今年は珍しく静岡方面に台風が上陸していないため通行可能ということで、思い切って同級生と登ってきました。南アルプスは森林限界が高いため、光岳頂上でも森林に覆われ視界はありません。光岳小屋付近のみ視界が開けるため、ほとんどの道中は樹林帯の中での歩行となります。また非常に急傾斜ですから、体力、精神力が必要で、非常に厳しい山の一つです。最後は足が動かなくなるほどに疲れ果て、今でも筋肉痛で足を引きずって歩いています。情けないですね。富士山、槍ヶ岳、西穂高岳、唐松岳から走って駆け下りる事が出来た10年前が嘘のようです。


約1時間登ると面平に着きます。ここは伊勢神宮境内の様に樹齢何百年の檜やブナの大木が生い茂り圧巻の情景が広がっています。
c0356757_22250201.jpg




ブナの大木が檜にクロスしてます。
c0356757_22275380.jpg




圧巻の自然美
c0356757_22251168.jpg




光岳頂上。恵那山の同じように樹木に覆われています。
c0356757_22251806.jpg




光岳頂上
c0356757_22252469.jpg




光岳の名前の由来と言われている光岩

c0356757_22253504.jpg




光岳小屋。建物は新しく立派ですが、山小屋の管理人は凄かったですよ。
ホームページを見て頂くとその凄さが分かります。
c0356757_22254481.jpg




光岳小屋付近からは視界が広がります。
知らない名の南アルプスの山々。富士山は残念ながら雲の中。
c0356757_22255715.jpg




ほとんどガスで視界不良でしたが、一瞬視界が開け数分間茶臼岳と上河内岳が姿を現しました。
c0356757_22260722.jpg




聖岳も一瞬現れ、小屋から多くの登山者が飛び出してきました。
c0356757_22271712.jpg




ほんの数分間現れた聖岳

c0356757_22272951.jpg





トリカブトの群生。これだけでも致死量は凄いですよ。

c0356757_22274161.jpg






光岳登山口。標高880mですので、光岳頂上までは1700m登る必要があります。上高地から槍岳を登るより標高差があり大変です。
c0356757_22280921.jpg






c0356757_22282269.jpg





易渡駐車場と道路
c0356757_22282996.jpg


これで、南アルプス内の日本百名山10座制覇しました。来月のシルバーウィークに予定している北アルプス水晶岳を踏破すれば北アルプス内の日本百名山制覇も完結します。本格的登山を始めて17年。ようやく一区切りが出来そうです。











by dream_77 | 2015-08-27 23:05 | 南アルプス光岳 | Comments(0)