HIROのフォトアルバム

dream7788.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2015年 08月 31日

特別なトワイライトエクスプレス山陰コース1

先週末は、綺麗な日本海をバックに走行する原色DD51牽引トワイライトエクスプレスを撮りたくて、はるばる山口県まで行ってきました。今回は撮り鉄仲間のKさん、Nさんに御一緒して頂き、おじさん三人衆での、山陰コースを走行するトワイライトエクスプレスを追いかける、岡山、島根、山口への遠征でした。
お盆までは暑さで溶けそうな日々でしたが、最近は一気に秋雨前線が居座り日本中不安定な天気になりましたね。先週名古屋を出発する時は土砂降り。一人ではないのでキャンセルする訳にいかず、ゴアテックスのカッパを準備し土砂降り覚悟の出発。新幹線で岡山まで行き、神戸のKさん、沼津のNさんと合流。レンタカーを借り岡山のポイントでPF牽引のトワイライトと、原色DD51重連牽引のトワイライトを迎撃。天気は思ったほど悪くなく撮影中はカッパは無くても大丈夫。日暮れと共に土砂降りの中国道を激走し益田で宿泊。
二日目は、まず超有名なコンクリート橋へ。午後は東萩停車中に追い越し、こちらも日本海バックに撮影できる超人気ポイントへ。この日はドン曇りでしたが、何と通過30分前くらいから太陽が顔を出し始め、見事に奇跡の一枚をゲットすることが出来ました。前回まで走行時のバリ晴の写真と比べれば見劣りしますが、日本中で雨が降っている時に、綺麗な日本海を表現できる写真を一枚ゲット出来ただけでも、はるばる山口まで行った甲斐がありました。

c0356757_22225501.jpg

広角の画像を追加します。
c0356757_22491354.jpg




by dream_77 | 2015-08-31 22:23 | JR西日本山陰本線 | Comments(0)
2015年 08月 27日

南アルプス光岳

先週末22日、23日に南アルプス光岳(テカリダケ)2591mへ登ってきました。ほとんどの方は光岳を知らないと思いますが、日本百名山の一座ですので、日本百名山踏破を目指す方は登らざるを得ない山です。南アルプスの一番南に位置し、長野県飯田市易老渡(いろうど)から登ることが出来ます。この登山口易老渡まで通じる道が半端無く険しい道で、大雨が降れば落石ですぐに通行止め。台風が来たら一夏通行止めになるような道ですので、今までなかなか登る機会がありませんでした。今年は珍しく静岡方面に台風が上陸していないため通行可能ということで、思い切って同級生と登ってきました。南アルプスは森林限界が高いため、光岳頂上でも森林に覆われ視界はありません。光岳小屋付近のみ視界が開けるため、ほとんどの道中は樹林帯の中での歩行となります。また非常に急傾斜ですから、体力、精神力が必要で、非常に厳しい山の一つです。最後は足が動かなくなるほどに疲れ果て、今でも筋肉痛で足を引きずって歩いています。情けないですね。富士山、槍ヶ岳、西穂高岳、唐松岳から走って駆け下りる事が出来た10年前が嘘のようです。


約1時間登ると面平に着きます。ここは伊勢神宮境内の様に樹齢何百年の檜やブナの大木が生い茂り圧巻の情景が広がっています。
c0356757_22250201.jpg




ブナの大木が檜にクロスしてます。
c0356757_22275380.jpg




圧巻の自然美
c0356757_22251168.jpg




光岳頂上。恵那山の同じように樹木に覆われています。
c0356757_22251806.jpg




光岳頂上
c0356757_22252469.jpg




光岳の名前の由来と言われている光岩

c0356757_22253504.jpg




光岳小屋。建物は新しく立派ですが、山小屋の管理人は凄かったですよ。
ホームページを見て頂くとその凄さが分かります。
c0356757_22254481.jpg




光岳小屋付近からは視界が広がります。
知らない名の南アルプスの山々。富士山は残念ながら雲の中。
c0356757_22255715.jpg




ほとんどガスで視界不良でしたが、一瞬視界が開け数分間茶臼岳と上河内岳が姿を現しました。
c0356757_22260722.jpg




聖岳も一瞬現れ、小屋から多くの登山者が飛び出してきました。
c0356757_22271712.jpg




ほんの数分間現れた聖岳

c0356757_22272951.jpg





トリカブトの群生。これだけでも致死量は凄いですよ。

c0356757_22274161.jpg






光岳登山口。標高880mですので、光岳頂上までは1700m登る必要があります。上高地から槍岳を登るより標高差があり大変です。
c0356757_22280921.jpg






c0356757_22282269.jpg





易渡駐車場と道路
c0356757_22282996.jpg


これで、南アルプス内の日本百名山10座制覇しました。来月のシルバーウィークに予定している北アルプス水晶岳を踏破すれば北アルプス内の日本百名山制覇も完結します。本格的登山を始めて17年。ようやく一区切りが出来そうです。











by dream_77 | 2015-08-27 23:05 | 南アルプス光岳 | Comments(0)
2015年 08月 26日

「北斗星」津軽海峡線

霧が出るのが当たり前の津軽海峡線。夏至の時期になると多くの撮り鉄で賑わっていましたね。

まずは、いつもの中小国の情景。一面霧で真っ白です。青森市内は晴れていたんですけどね。もちろん天気予報は晴れでした。

c0356757_23453411.jpg





次は雨降りです。この日はダイヤが乱れ、上下線どちらから何の列車が来るのかさっぱり分からず、貨物が来たと思ったら北斗星でした。

c0356757_23454042.jpg





3度目の正直で、ようやく晴れました。

c0356757_23454693.jpg







by dream_77 | 2015-08-26 23:49 | JR北海道津軽海峡線 | Comments(0)
2015年 08月 24日

惜別、ブルートレイン「北斗星」

とうとう、残念ながらブルートレイン「北斗星」の運行が終了しましたね。厳しい風雪に耐え長い間の運行お疲れ様でした。
関東地方にはなかなか撮りに行く機会はありませんでしたが、「あけぼの」運行時についでに撮ったアルバムをご紹介いたします。

栃木矢板まで行きましたが、残念ながら雨降りに
c0356757_21110789.jpg




ワシグリにて
c0356757_21111468.jpg




ワシグリにて
c0356757_21112098.jpg




ワシグリにて
c0356757_21112626.jpg



秋のヒガハス
c0356757_21113933.jpg




冬のヒガハス
c0356757_21114612.jpg


あれれ、ヘッドライトが点いてない。
上野駅に到着後、尾久車輌センターへ推進回送(バック)される様子です。
c0356757_21115558.jpg

また一つ撮るものが無くなってしまいました。









by dream_77 | 2015-08-24 21:18 | JR東日本東北本線 | Comments(0)
2015年 08月 20日

金太郎EH500

首都圏と北海道を結ぶ、国内最大級の力持ち交直流電気機関車EH500。貨物の聖地清洲でも走っていませんので、迫力ある走りを間近に見ると新鮮ですね。北海道運用が無くなると、余剰となった機関車はどこに転用されるのでしょうか。


c0356757_21453366.jpg





c0356757_21454912.jpg






c0356757_21455611.jpg






c0356757_21454286.jpg







c0356757_21460316.jpg









by dream_77 | 2015-08-20 21:48 | JR貨物東北本線 | Comments(0)
2015年 08月 18日

関東遠征EF65形1000番台(PF型)

1969年(昭和44年)から製造された平坦線区向け直流電気機関車EF65形1000番台(PF型)、だいぶん淘汰されて希少になりましたね。東京遠征のついでに記録写真を撮ってきました。

EF65-2091
c0356757_22324305.jpg



EF65-2127
カラシが来ましたが空コキ
c0356757_22325076.jpg



EF65-2057
珍しいタキ牽引機
c0356757_22325691.jpg



EF65-2119
蒲須坂では原色2119単機
c0356757_22330766.jpg







by dream_77 | 2015-08-18 22:49 | JR貨物東北本線 | Comments(0)
2015年 08月 16日

JR西日本381系山陰本線編

一度俯瞰で撮ってみたいと前々から思っていたJR西日本国鉄色381系。ようやく念願叶い俯瞰晴れゲット出来ました。撮影ポイントを探すのに四苦八苦しましたが、何とか終焉までに間に合って良かったです。

いつものところでまず1枚目。
本当は一駅北側で撮りたかったのですが、この地方特有の霧でアウト。引き返してきました。
c0356757_20362515.jpg



c0356757_20364198.jpg



ゲリラ雲のせいで暗いですが、後方に茅葺き屋根の家を入れてみました。この地域にはまだたくさんの茅葺き屋根の家が点在しています。
c0356757_20365192.jpg


夏空と夏雲を思いっきり入れて。
c0356757_20370500.jpg



夕方このポイントで撮ることが長年の夢でした。見事に晴れゲット出来て大満足。
ここに行くまでが本当に大変で、道案内して頂いた地元のおじいちゃん本当にお世話になりました。
c0356757_20371541.jpg




c0356757_20372567.jpg

福知山線内でもどうしても撮りたい俯瞰ポイントが2箇所。さて念願叶うのでしょうか。





by dream_77 | 2015-08-16 20:55 | JR西日本山陰本線 | Comments(0)
2015年 08月 12日

関東遠征北斗星編

宇都宮に着いたら花火大会で大賑わい。見たかったけど眠くて宿に着いたらすぐに爆睡。翌朝、日の出と共に蒲須坂に出発。目指した鉄橋ポイントは草や樹木で覆われ撮影不可能状態。仕方なく急遽近くの堤防へ移動。現地に着くと既に多くの同業者がスタンバイ状態。急いで何とかポイントを見つけ三脚セット。見事な田園風景が広がりいろいろなアングルで撮れそうなのでカメラ3台体制で迎撃。天気は見事なドン曇りで肌寒く、昨日の埼玉の天気が嘘のよう。少し北上しただけなのにこの気温の違いには驚き。雹が降ったり雷雨や竜巻が多く発生する理由が分かったような気がする。昨日、ヒガハスで知り合った名古屋から来ていた学生さんと再会し、雑談しながら北斗星を待っていると、何と北斗星通過10分位前から急に太陽の周りから雲が切れだし日差しがある状態に急変。そして見事に朝日に照らされた北斗星が上野に向けて駆け抜けていきました。名古屋から片道550km、ホントここまで来た甲斐がありました。


サイドから

c0356757_21132995.jpg




望遠で

c0356757_21133733.jpg





広角で

c0356757_21134410.jpg




この後、すぐにやってくる金太郎は残念ながらウヤ。すぐに反対側から下ってくるPF原色2119のタキを楽しみに待っていたら、何と単機。

ここで撤収し、烏山線へ少し寄り道。その後真岡鉄道のSLも撮ってから北斗星の下りを狙うことは出来るが、ベスポジを確保するため真岡鉄道は諦めクリコガへ直行。途中佐野ラーメンで腹ごしらえし、昼過ぎに現地に着くと既に三脚が3本建った状態。何とか空いたスペースに三脚をセットし、暑さを避けコンビニに避難。関東地方のセブンイレブンではアイスカフェオレが既に発売されているんですね。飲んでみたらファミマのアイスカフェオレの方が美味しいと私は思いました。
現地に戻ると来るは来るはどんどん同業者が集まり見事なひな壇が完成。地元の同業者さんたちと雑談しながら待つこと4時間、天気の急変もなく綺麗な夕日に照らされた北斗星が、北の大地に向けて満員の乗客を乗せて駆け抜けていきました。

c0356757_21135256.jpg

いやー今回の関東遠征は見事に作戦が成功し、天気にも恵まれましたね。ホント神様に感謝です。
定期運転時は日中撮ることが出来なかった下り北斗星。この様に撮ることを可能にしてくれたJR東日本にも感謝です。

この後、興奮しすぎで交通事故を起こさないよう慎重に運転し、名古屋までは渋滞無しに6時間で帰ることが出来ました。
















by dream_77 | 2015-08-12 22:05 | JR東日本東北本線 | Comments(0)
2015年 08月 10日

関東遠征カシオペア編

今月23日(日)上野着便で最終運行となる北斗星と最後のお別れの挨拶をするために関東地方へ遠征してきました。雷雨を心配しましたが、見事な天気に恵まれ理想通りの結果を残すことが出来ました。
今回のテーマは「真夏の田園風景」。田園風景が広がっているヒガハス、ワシグリ、蒲須坂へ行ってきました。

金曜日の夜名古屋を車で出発し、まずはヒガハスへ。
激パを予想し、夜中の内に三脚を建て、踏切横の空き地でマルヨ。
土曜日はカシオペアが札幌から上ってきますが、結局同業者は15人程。腰が抜けるほど拍子抜け。うるさい踏切横で熱帯夜にマルヨしたのが無駄でした。どうやら、関東鉄は廃止が発表されていないカシオペアには興味がないようですね。翌日北斗星が上ってきた時は100人程集まったそうです。

メインカメラ
c0356757_22245225.jpg




サブカメラは少し離れて
c0356757_22250172.jpg



カイオペア撮影後は、車中で待機しながら上下線を撮影できるワシグリへ移動。

貨物やスペーシアの撮影を続けましたが、あまりも暑くて眠いため、加須の日帰り温泉へ避難。泉質はぬるぬるで最高。さっぱりして休憩室で横になったら、何とカラオケ大会が始まり昼寝どころではない状態に。仕方なく撤収し近くのラーメン屋さんに入って中華そばと餃子で腹ごしらえ。適当に入った店でしたが滅茶苦茶美味しかったです。
午後はどうしてもサイド光に照らされた下りのカシオペアを撮りたくて黒小屋踏切へ出撃。一番乗りでベスポジを確保。しかし、下りも同業者は10人程で拍子抜け。翌日の北斗星ではこのポイントに50人以上集まったため、警察が取り締まりにきて撤収させられたようです。この日も農地の地主さんの厳しい監視の元、緊張しながらの撮影でした。撮影は公道の法面で行っているので文句を言われることはないですが、地元の方々の車の通行に支障がある所に三脚や車を置くとすぐに110番通報されるようです。

メインカメラ
c0356757_22251170.jpg





サブカメラ
c0356757_22251716.jpg

まずまずの成果で大満足。この後、翌日北斗星を蒲須坂で出迎えるため老体に鞭を打って宇都宮まで移動。
関東遠征「北斗星編」をお楽しみに。


















by dream_77 | 2015-08-10 23:08 | JR東日本東北本線 | Comments(0)
2015年 08月 06日

上高地散策

穂高岳や槍ヶ岳登山の時に上高地を登山基地として使用しますが、今回はたっぷりと時間がありますので、観光客と同じように梓川添いをゆっくりと散策しました。
標高1500mにある有名な避暑地、真夏に訪れるには最高の観光地ですね。

ブナの大木。すごい生命力ですね。
c0356757_23355063.jpg




田代橋より
c0356757_23355801.jpg



水の綺麗さにびっくりです。
c0356757_23360695.jpg





c0356757_23361526.jpg






c0356757_23362225.jpg





梓川沿いに群生する原生林。
c0356757_23362938.jpg






c0356757_23363662.jpg






c0356757_23374869.jpg






c0356757_23385175.jpg






中央が焼岳。水遊び気持ちよさそうですね。
c0356757_23390958.jpg







c0356757_21524899.jpg






上高地を訪れた人は必ず立ち寄る河童橋。人が絶えることはありません。
c0356757_23391866.jpg

今週末は、いよいよ終焉間近になった北斗星、カシオペアとの最後のお別れにヒガハスとワシグリに行ってきます。名古屋ナンバーのプリウスαを見かけましたら遠慮せず一言声をおかけ下さい。雷雨が来ないと良いですね。
















by dream_77 | 2015-08-06 23:51 | 北アルプス焼岳 | Comments(0)