HIROのフォトアルバム

dream7788.exblog.jp
ブログトップ

タグ:日本百名山 ( 25 ) タグの人気記事


2017年 07月 27日

金峰山(きんぷさん)

奥秩父第二位の標高(2699m)で、山梨県甲府市と長野県南佐久郡川上町の境界にある金峰山(山梨県側ではきんぷさん、長野県側ではきんぽうさん)。楽に登るには標高2400mの大弛峠(おおだるみとうげ)から登れば何と2時間で登頂できます。標高2400mまで無料の道路を通り、登山口までマイカーで辿り着ける日本百名山は他には無いでしょう。しかし、私たちは楽をせず一般的なみずがき山荘から往復するルートを選択し、朝6時出発です。

6:35富士見小屋到着
小屋の名前の通り、小屋からは富士山が見えます。笠雲が掛かってました。

c0356757_21590288.jpg

樹林帯の間から昨日登った瑞牆山が見えてきました。

c0356757_21591365.jpg


瑞牆山や金峰山はアズマシャクナゲの群生地です。
c0356757_21592083.jpg


瑞牆山を見下ろす高さまで登ってきました。
c0356757_21592899.jpg

頂上まであと少し。有名な五丈石が見えてきました。

c0356757_21593809.jpg

五丈石が近づいてきました。

c0356757_21594718.jpg


10:20金峰山登頂。
c0356757_21595651.jpg

金峰山頂上から見た五丈石。頂上付近は大きな花崗岩がゴロゴロし歩きにくいです。
登山道ではほとんど人と出会うことは無かったのですが、頂上には多くの登山者がいてびっくり。ほとんどの人は楽な大弛峠から登っているようでした。

c0356757_22000442.jpg


歩いてきた稜線。久々に森林限界を超えた高さまで登りました。視界が開けて良い眺めです。ただ、遠方に見える南アルプス、鳳凰三山、八ヶ岳、北アルプス、富士山がはっきり見えなかったのが残念でした。
c0356757_22001779.jpg


五丈石に登っている人がいました。私には絶対登れませんね。
c0356757_22003065.jpg

こちらが大弛峠方面。

c0356757_22015942.jpg


金峰山小屋前の岩と瑞牆山。
c0356757_22020830.jpg

帰りの稜線。

c0356757_22021618.jpg


稜線と瑞牆山。
c0356757_22023050.jpg


若い登山者が楽しんでいました。
c0356757_22024019.jpg


森林限界付近の稜線。この後樹林帯の中を延々と下ることになります。日差しが強い時はかえって日陰の方が良いです。
c0356757_22025107.jpg


ほとんど緩やかな傾斜の登山道ですが、たまにはこんな処もあります。
c0356757_22025906.jpg


15:08 余力を残してみずがき山荘無事到着。韮山駅行きのバスが待っていました。東京方面からは電車とバスを使い、標高2000m以上の山に日帰りで行くことが出来ていいですね。うらやましいです。
c0356757_22030937.jpg

20分程車で下った処にある増富温泉で汗を流し、途中で山梨名物「ほうとう」を食べ帰路につきました。味の割に値段が高いですね。名古屋人からみると名古屋名物「みそ煮込みうどん」の方がよっぽどお値打ちで美味しいと思います。相棒が怒っていました。
原生林が生い茂っている奥秩父の山々。今度は紅葉が綺麗な秋に再訪してみたいと思います。




by dream_77 | 2017-07-27 22:48 | 日本百名山 | Comments(0)
2017年 07月 25日

瑞牆山(みずがきやま)

7月の三連休は群馬県の尾瀬に行き、日本百名山の燧岳(ひうちがだけ)に登る予定でしたが、悪天候が予想されたため急遽中止に。せっかく苦労して山小屋を予約しましたが、次回の山小屋の予約が困難なことから尾瀬行きは来年に持ち越しになってしまいました。でも晴れている家にいるのはもったいないので、雨が降らなさそうな地域を調べていたら山梨県がヒット。急遽同級生を呼び出し、一日遅れで山梨県にある日本百名山、瑞牆山(みずがきやま)と金峰山(きんぷざん)へ行ってきました。

夜名古屋を出発して、みずがき山自然公園駐車場でマルヨ。標高1500mにあるオートキャンプ場としても人気がありますが、自販機、水洗トイレがありますのでマルヨするには最高の場所です。

朝7:30 のんびりみずがき自然公園駐車場を出発

c0356757_23003441.jpg


瑞牆山、今から行くから待っとれよ。
c0356757_23003993.jpg


8:40 不動滝に到着。一枚岩の花崗岩で出来た珍しい滝です。このコースはせせらぎ沿いに歩くのでマイナスイオン効果で涼しく真夏には最高です。
c0356757_23004796.jpg



c0356757_23005242.jpg


10:20 瑞牆山頂上(2230m)登頂。有名な鑢岩(やすりいわ)。地形、岩質(花崗岩)、登頂時間は三重県の御在所岳によく似てます。ただ、標高が高い分涼しいので真夏に日帰りで行く山として適しているようです。
c0356757_23005812.jpg


山梨百名山と書いてありますが、日本百名山の一座です。
c0356757_23010468.jpg



c0356757_23012251.jpg


狭い頂上でくつろぐ登山者
c0356757_23013730.jpg

最近は若い登山者が増えましたね。私の年齢が最年長のように思えました。後方は八ヶ岳。

c0356757_23014430.jpg


富士山が少し見えました。
c0356757_23015338.jpg


瑞牆山頂上から望む明日登る金峰山(左上の頂)。
c0356757_23023771.jpg




14:20 みずがき自然公園駐車場に無事到着。
c0356757_23025102.jpg


みずがき自然公園から見た瑞牆山。
c0356757_23024582.jpg
私たちが歩いたみずがき自然公園から不動滝、瑞牆山を周回するコースは登山者が少なく、のんびりと歩くことが出来ます。ただ、東京からは特急とバスを乗り継ぎ数時間でみずがき山荘まで来ることが出来ますので、みずがき山荘から瑞牆山へ往復するコースは多くの日帰り登山者で賑わっています。

この日はここから車で5分程走ったところにあるみずがき山荘に宿泊。部屋は個室でフロにも入れたので疲れが吹っ飛び最高でした。美人で愛嬌のある奥さんでしたが、旦那は?で残念でした。





by dream_77 | 2017-07-25 23:49 | 日本百名山 | Comments(0)
2017年 05月 21日

小淵沢の情景

小淵沢近辺は日本百名山に囲まれ本当に綺麗な情景を堪能できます。撮影ポイント移動中に線路際以外でも少し写真を撮ってきました。

甲斐駒ヶ岳
c0356757_22423493.jpg


八ヶ岳 早朝から地元の方々が草刈りをしてました。
c0356757_22424401.jpg


鳳凰三山と甲斐駒ヶ岳
c0356757_22425244.jpg


甲斐駒ヶ岳と山桜
c0356757_22425833.jpg


甲斐駒ヶ岳
c0356757_22430624.jpg


鳳凰三山
c0356757_22431399.jpg


富士山
c0356757_22431984.jpg



c0356757_22432813.jpg



c0356757_22433547.jpg
この景色を眺めながら暮らしている人がうらやましいです。
小淵沢に住んでいる人と友達になりたいですね。


by dream_77 | 2017-05-21 22:52 | その他の山 | Comments(0)
2016年 10月 28日

恵那山

今年の夏の天気は最悪でしたね。4回計画した3000m級の山行きは雨予報や相棒の病気のため全て中止。せっかく山小屋の予約もとれていたのに全てキャンセル。悲しいことに、日帰りで荒島岳に登っただけで夏山シーズンが終了してしまいました。このままでは不本意ですので、先週末日本百名山の一座であり日帰りで行ける恵那山へ紅葉狩りに行ってきました。
道中や頂上では樹木に覆われ眺望が得られないため人気がない山ですが、気軽に2000m級の山に登ることが出来るので、運動不足解消にはうってつけの山です。
今回は2度目の恵那山登山でしたが、ゆっくり歩いたら8時間もかかってしまい、もう少しで日が暮れるところでした。

c0356757_23430950.jpg



c0356757_23431646.jpg



c0356757_23481236.jpg



c0356757_23482590.jpg



c0356757_23483492.jpg
曇り予報でしたが、午前中は見事に晴れて、南アルプスの眺望が素晴らしかったです。富士山も見えました。しかしこの一時間後には霧に覆われ一面真っ白に急変。
今回は広河原から登りましたが、眺望があるのは片道4時間の内30分程です。



by dream_77 | 2016-10-28 00:04 | 恵那山 | Comments(0)
2016年 08月 10日

槍ヶ岳

明日は山の日。丁度良いタイミングの日が祭日になりましたね。お陰様で盆休みが少し長くなりました。下界では酷暑が続いていますが、山では安定した天気になってきました。本当は今晩から日本一標高の高い温泉に向かう予定でしたが、相棒が風邪を引いて当日ドタキャン。仕方なくブログを書いております。
さて今回は誰もが憧れ一度は登りたくなる山「槍ヶ岳」です。どこから見ても槍のように尖った山。日本一格好いい山ですね。

北アルプス常念岳よりモルゲンロート
c0356757_23223971.jpg



北アルプス常念岳より
c0356757_23225293.jpg


北アルプス蝶ヶ岳より
c0356757_23225629.jpg


北アルプス笠ヶ岳より
c0356757_23230260.jpg


北アルプス笠ヶ岳より
c0356757_23230795.jpg


北アルプス薬師岳より
手前の平の部分が雲上の楽園雲ノ平です
c0356757_23231606.jpg


北アルプス薬師岳より
c0356757_23232122.jpg


北アルプス双六岳より
c0356757_23232756.jpg


北アルプス黒部五郎岳より
c0356757_23233118.jpg


北アルプス鷲羽岳付近より
c0356757_23233683.jpg


3人の山ガール、何のポーズだと思いますか?
この山は北アルプス鷲羽岳です。
そう鷲のポーズですよ。
一昔前はおばちゃんばかりでしたが、最近はびっくりするくらいかわいい山ガールも見かけるようになりました。
c0356757_23244691.jpg


三俣山荘前より
c0356757_23245313.jpg

さて明日からどこへ行こうかな。
若い男性諸君。山ガールに見習って山へ行きましょう。新たな発見や出会いがあるかもしれませんよ。





by dream_77 | 2016-08-10 23:21 | 北アルプス槍ヶ岳 | Comments(0)
2016年 08月 06日

御嶽山

北アルプスと中央アルプスに挟まれ単独峰としてそびえ立つ御嶽山。古くから信仰の山として親しまれてきましたが、2年前の9月27日、多くの登山者で賑わっていた昼時に突然噴火し、58人が死亡5人が未だに行方不明になっています。私も数回登ったことがありますし、麓のスキー場には数え切れないほど通い詰めた山でしたので、未だに信じられないですし残念な気持ちでいっぱいです。
今回は噴火直後の御嶽山を、隣にそびえる木曽駒ヶ岳から撮影した画像をご紹介させていただきます。

噴火翌週の御嶽山。この時はまだ行方不明者を捜索してました。
c0356757_00190256.jpg



c0356757_00191348.jpg



c0356757_00192124.jpg


右側の山が乗鞍岳
c0356757_00193053.jpg



c0356757_00193809.jpg



c0356757_00194503.jpg


木曽駒ヶ岳頂上は大賑わいです。
御嶽山が噴火した時もこのように御嶽山頂上付近は賑わっていたんでしょうね。
c0356757_00195364.jpg


木曽駒ヶ岳頂上と御嶽山
c0356757_00200359.jpg


木曽駒ヶ岳と御嶽山
c0356757_00201247.jpg


宝剣岳より
c0356757_00201997.jpg
下界の暑さにうんざりしている方々。涼しいこの木曽駒ヶ岳に登られたらいかがですか?3000m級の山の中では唯一簡単に日帰りで登れる山です。バスとロープウェイを乗り継ぎ、2,3時間ほど運動靴でも登れる山道を歩けば、下界では見ることが出来ない絶景を堪能し、涼しく過ごすことが出来をますよ。
山を下りた後は、温泉に入り、ソースカツ丼を食べてください。その後松川インター近くの農協に立ち寄り「なし」や「ぶどう」、「もも」をお土産にお勧めします。


by dream_77 | 2016-08-06 00:27 | 御嶽山 | Comments(0)
2016年 08月 01日

富士山

梅雨が明けましたが今年はなかなか天気が安定しないようですね。そろそろ夏山登山シーズンに入りますが皆さんどこの山に行かれますか?今回は鉄道写真をお休みして、日本百名山から見た富士山の画像をご紹介します。富士山は日本一高い山ですから一度は話の種に登っていただきたいと思いますが、周囲の山に登って見る富士山は本当に綺麗ですよ。3000m級の山に登らないと見ることが出来ない富士山の絶景を一度ご覧頂きたいと思います。

南八ヶ岳赤岳より
c0356757_23230711.jpg


c0356757_23231450.jpg

赤岳と富士山
c0356757_23232702.jpg


北アルプス常念岳より
c0356757_23234494.jpg


富士山から右は南アルプス鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳
c0356757_23235470.jpg


南アルプス鳳凰三山より
c0356757_23240351.jpg



c0356757_23240949.jpg



c0356757_23241740.jpg


南アルプス赤石岳より
c0356757_23251109.jpg



c0356757_23251996.jpg


赤石岳避難小屋と
c0356757_23252729.jpg


左下に赤石小屋があります。
c0356757_23253899.jpg


南アルプス聖岳より
c0356757_23262068.jpg



c0356757_23262738.jpg



c0356757_23263795.jpg


南アルプス塩見岳より
c0356757_23264745.jpg



c0356757_23265465.jpg


山は非常に危険ですので、体調をしっかり整え、天気予報が悪い場合は無理をしないようにくれぐれも気を付けてお出かけください。

by dream_77 | 2016-08-01 23:35 | 富士山 | Comments(0)
2015年 12月 13日

北アルプス水晶岳8

いよいよ、今回の縦走最終日になりました。家を出発して5日目。登山開始して4日目です。ようやく下界に戻ることが出来ますので、何を食べようかと考えるだけでヨダレが出てきます。しかし、黒部ダムまで5時間ほどアップダウンの激しいアスレチックスコースを歩く必要がありますからまだまだ油断は出来ません。
この日はハシゴを上ったり下ったりするので、一眼レフカメラはザックにしまい込みコンパクトカメラでの撮影です。
団体さんが出発する前に大急ぎで奥黒部ヒュッテを出発します。前回のシルバーウィーク以来の激混みだったと山小屋の管理人は話していましたが、山の上の山小屋と比べれば天国でした。

c0356757_19490785.jpg





山小屋のすぐ横には黒部川が流れており、その川沿いを下ります。
c0356757_20151252.jpg





いきなり凄い斜面を歩きます。
c0356757_20231123.jpg





こんな丸太で作ったハシゴが次から次に現れます。
c0356757_20233312.jpg






c0356757_19503318.jpg





黒部川は透明で綺麗ですが、スリリングな道が続きます。
c0356757_20240100.jpg





高所恐怖症の人は大変かも。
c0356757_21371004.jpg






約1時間半歩くと平ノ渡し場に着き、関電無料渡し船運行時間10時20分まで待ちます。
渡し船は超満員で超ゆっくり進みます。
c0356757_19524588.jpg





東京のSさんご夫婦とお母さん。お世話になりました。
c0356757_19525248.jpg





対岸にある平ノ小屋が見えてきました。
c0356757_19525913.jpg





混み具合が分かると思います。沈没しなくて良かったです。
c0356757_19530884.jpg





1回目に乗り切れなかった登山者を迎えに渡し船が戻っていきました。
c0356757_21394998.jpg



平ノ小屋でトイレ休憩。

c0356757_19532866.jpg






黒部湖と針木岳?
c0356757_19565314.jpg






c0356757_19533572.jpg





まだまだハシゴが所々出現します。
c0356757_21411082.jpg






c0356757_21430520.jpg





ブナの原生林が続きます。
c0356757_21445518.jpg





ようやくロッジくろよんが見えてきました。
c0356757_19544444.jpg





ブナの原生林が綺麗でした。
c0356757_21463764.jpg





群馬のMさん、いろいろお世話になりました。
c0356757_21465140.jpg





ついに黒部ダムが見えてきました。
c0356757_19562807.jpg






c0356757_19563843.jpg





黒部ダムは観光客で大賑わい。
c0356757_19564698.jpg


この後扇沢までトロリーバスに乗りましたが、乗車するまで大行列。扇沢から車が置いてある七倉山荘まではSさんとタクシーで相乗り。そこでMさんとお別れし、私は七倉山荘の温泉に入り4日間の疲れを癒しました。すっかり日が暮れ、そのまま泊まりたいところでしたが、薮用がありましたので時々SAで仮眠しながら車を運転し帰宅しました。下界に降りて最初の食べ物は、駒ヶ根ICで途中下車して明治亭のソースカツ丼。登山の帰りにいつも食べますが、ホント美味しいですね。
今回の水晶岳縦走は本当に運に恵まれた登山となりました。秋雨前線が停滞しやすく天気が安定しない9月に4日間共晴れてくれたのは奇跡に近いですね。また、烏帽子小屋、水晶小屋に泊まることが出来たのもラッキーでした。水晶小屋に泊まることが出来なかったら、赤牛岳に行くことは出来なかったです。
下山して1週間後、母が倒れ救急車で病院に運ばれました。お陰様で1週間後に退院出来て良かったのですが、長期縦走で怖いのは身内に不幸が発生してもすぐに駆けつけることが出来ないので、最悪葬式にも出席できない可能性があることですね。

これで北アルプス内の日本百名山を踏破して一段落ですが、まだまだ北アルプスには魅力的な山がたくさんありますので、来年からも頑張って登山を続け綺麗な山の情景を撮り続けたいと思っています。




by dream_77 | 2015-12-13 21:50 | 北アルプス水晶岳 | Comments(2)
2015年 12月 11日

北アルプス水晶岳7

水晶岳から日本二百名山の一つである赤牛岳までの稜線は、起伏が少なくルンルン気分で歩くことが出来ましたが、赤牛岳から黒部ヒュッテまでは足場が悪い読売新道を延々と下る必要があります。他の登山道と比べどこが大変かと説明しますと、檜や松等の樹齢何百年の天然木の樹林帯を抜けるため、木の根っこの上を歩く必要があることと、太陽光が当たらないため登山道の石がぬるぬるで歩きにくいことです。ですから、慎重にゆっくり歩く必要があり、時間短縮することは難しい登山道です。

これから黒部湖に向かって下ります。
c0356757_23110479.jpg


今まで歩いてきた稜線。

c0356757_23111026.jpg



振り返った赤牛岳。
c0356757_23111640.jpg



少し下ったら綺麗な紅葉が現れました。
c0356757_23112550.jpg



そろそろ森林限界に近づき、いよいよ樹林帯に入ります。
c0356757_23113231.jpg



紅葉のナナカマドの間を抜けます。
c0356757_23212170.jpg




c0356757_23214087.jpg





c0356757_23215385.jpg




c0356757_23305019.jpg





c0356757_23303723.jpg




立山が近づいてきました。
c0356757_23224766.jpg





c0356757_23230534.jpg




ナナカマド等の落葉樹林帯から常葉樹林帯に入ります。
杉の大木は見かけますが天然檜の大木は始めて見ました。自然がそのまま残り素晴らしい情景が続きます。
c0356757_23231174.jpg




すごい大木の根っこ。ここを登ります。
c0356757_23232011.jpg



ようやく小川が見えてきました。
c0356757_23232679.jpg

約10時間歩いて無事に宿泊先である奥黒部ヒュッテに到着。ここではお風呂に入ることが出来て生き返ることが出来ました。水洗トイレを使用できるのも本当に助かりますね。
この日歩いてきた読売新道は奥黒部の秘境といわれるほど、歩く人は少なく静寂に包まれた山域で、水晶岳を過ぎると登山道は細くなり、赤牛岳は孤高の山の趣を一層漂わせていました。途中にはエスケープルートや山小屋、トイレが無いわけですから、なかなか人を寄せ付けませんよね。



by dream_77 | 2015-12-11 00:01 | 北アルプス水晶岳 | Comments(0)
2015年 12月 07日

北アルプス水晶岳6

水晶岳頂上でご来光を拝むため4時半に水晶小屋を出発。前日までとは打って変わって強風で凍えるような寒さの中、鼻水を垂らしながら登ること45分、無事に水晶岳頂上に到着しました。しばらくすると、南アルプス塩見岳で見た情景には及びませんが、上空の雲が真っ赤に染まり見事なご来光を拝むことが出来ました。

c0356757_21372458.jpg



左奥に富士山、右端のピークが槍ヶ岳。
c0356757_21373119.jpg




これから歩く稜線。
c0356757_21373873.jpg




野口五郎岳(左側のずんぐりした稜線)とご来光。
c0356757_21374359.jpg




歩いてきた稜線。左側のピークが水晶岳。
c0356757_21375059.jpg





ガレ場の危ない水晶岳を下るとなだらかな稜線が続きます。
c0356757_21375923.jpg



赤牛岳への稜線。
c0356757_21380937.jpg




左側のピークが赤牛岳。
c0356757_21384833.jpg




振り返った稜線。左奥に槍ヶ岳、右側に水晶岳。
c0356757_21385431.jpg





いよいよ赤牛岳を登ります。
c0356757_21390006.jpg






左奥に槍ヶ岳、水晶岳、雲ノ平、黒部五郎岳。
c0356757_21390858.jpg





赤牛岳頂上からの眺望。東側には昨日歩いてきた稜線。
c0356757_21392484.jpg





槍ヶ岳と水晶岳。
c0356757_21400922.jpg





歩いてきた稜線。
c0356757_21401631.jpg






西側には雄大な薬師岳。
c0356757_21402484.jpg






これから向かう黒部湖が近づいてきました。
c0356757_21424306.jpg


次回も続けて水晶岳をご紹介します。いよいよ難所で有名な読売新道を下りますよ。




by dream_77 | 2015-12-07 22:13 | 北アルプス水晶岳 | Comments(0)