HIROのフォトアルバム

dream7788.exblog.jp
ブログトップ

タグ:秋山 ( 7 ) タグの人気記事


2016年 08月 06日

御嶽山

北アルプスと中央アルプスに挟まれ単独峰としてそびえ立つ御嶽山。古くから信仰の山として親しまれてきましたが、2年前の9月27日、多くの登山者で賑わっていた昼時に突然噴火し、58人が死亡5人が未だに行方不明になっています。私も数回登ったことがありますし、麓のスキー場には数え切れないほど通い詰めた山でしたので、未だに信じられないですし残念な気持ちでいっぱいです。
今回は噴火直後の御嶽山を、隣にそびえる木曽駒ヶ岳から撮影した画像をご紹介させていただきます。

噴火翌週の御嶽山。この時はまだ行方不明者を捜索してました。
c0356757_00190256.jpg



c0356757_00191348.jpg



c0356757_00192124.jpg


右側の山が乗鞍岳
c0356757_00193053.jpg



c0356757_00193809.jpg



c0356757_00194503.jpg


木曽駒ヶ岳頂上は大賑わいです。
御嶽山が噴火した時もこのように御嶽山頂上付近は賑わっていたんでしょうね。
c0356757_00195364.jpg


木曽駒ヶ岳頂上と御嶽山
c0356757_00200359.jpg


木曽駒ヶ岳と御嶽山
c0356757_00201247.jpg


宝剣岳より
c0356757_00201997.jpg
下界の暑さにうんざりしている方々。涼しいこの木曽駒ヶ岳に登られたらいかがですか?3000m級の山の中では唯一簡単に日帰りで登れる山です。バスとロープウェイを乗り継ぎ、2,3時間ほど運動靴でも登れる山道を歩けば、下界では見ることが出来ない絶景を堪能し、涼しく過ごすことが出来をますよ。
山を下りた後は、温泉に入り、ソースカツ丼を食べてください。その後松川インター近くの農協に立ち寄り「なし」や「ぶどう」、「もも」をお土産にお勧めします。


by dream_77 | 2016-08-06 00:27 | 御嶽山 | Comments(0)
2015年 12月 11日

北アルプス水晶岳7

水晶岳から日本二百名山の一つである赤牛岳までの稜線は、起伏が少なくルンルン気分で歩くことが出来ましたが、赤牛岳から黒部ヒュッテまでは足場が悪い読売新道を延々と下る必要があります。他の登山道と比べどこが大変かと説明しますと、檜や松等の樹齢何百年の天然木の樹林帯を抜けるため、木の根っこの上を歩く必要があることと、太陽光が当たらないため登山道の石がぬるぬるで歩きにくいことです。ですから、慎重にゆっくり歩く必要があり、時間短縮することは難しい登山道です。

これから黒部湖に向かって下ります。
c0356757_23110479.jpg


今まで歩いてきた稜線。

c0356757_23111026.jpg



振り返った赤牛岳。
c0356757_23111640.jpg



少し下ったら綺麗な紅葉が現れました。
c0356757_23112550.jpg



そろそろ森林限界に近づき、いよいよ樹林帯に入ります。
c0356757_23113231.jpg



紅葉のナナカマドの間を抜けます。
c0356757_23212170.jpg




c0356757_23214087.jpg





c0356757_23215385.jpg




c0356757_23305019.jpg





c0356757_23303723.jpg




立山が近づいてきました。
c0356757_23224766.jpg





c0356757_23230534.jpg




ナナカマド等の落葉樹林帯から常葉樹林帯に入ります。
杉の大木は見かけますが天然檜の大木は始めて見ました。自然がそのまま残り素晴らしい情景が続きます。
c0356757_23231174.jpg




すごい大木の根っこ。ここを登ります。
c0356757_23232011.jpg



ようやく小川が見えてきました。
c0356757_23232679.jpg

約10時間歩いて無事に宿泊先である奥黒部ヒュッテに到着。ここではお風呂に入ることが出来て生き返ることが出来ました。水洗トイレを使用できるのも本当に助かりますね。
この日歩いてきた読売新道は奥黒部の秘境といわれるほど、歩く人は少なく静寂に包まれた山域で、水晶岳を過ぎると登山道は細くなり、赤牛岳は孤高の山の趣を一層漂わせていました。途中にはエスケープルートや山小屋、トイレが無いわけですから、なかなか人を寄せ付けませんよね。



by dream_77 | 2015-12-11 00:01 | 北アルプス水晶岳 | Comments(0)
2015年 12月 03日

北アルプス水晶岳5


水晶岳の投稿は5回目になりますが、今回は水晶小屋付近から眺めた夕暮れの様子をご紹介します。標高2900mから眺める景色は絶景そのものですよ。


c0356757_22545438.jpg




夕日に照らされた野口五郎岳
c0356757_22550808.jpg




右奥に黒部五郎岳
c0356757_22552118.jpg




夕日に照らされた水晶岳
c0356757_22591996.jpg




左奥に黒部五郎岳
c0356757_22553020.jpg




笠ヶ岳とお月さん
c0356757_22553839.jpg





日本海に沈む夕日。左奥は白山。
c0356757_22554759.jpg




左奥に立山、剣岳、中央奥に白馬岳
c0356757_22555651.jpg




by dream_77 | 2015-12-03 23:05 | 北アルプス水晶岳 | Comments(0)
2015年 11月 15日

北アルプス水晶岳4

昨日NHKBSプレミアムで放送された、「グレートトラバース2日本二百名山一筆書き踏破4」を見られましたか?丁度今回ご紹介している裏銀座コースを、プロアドベンチャーレーサー田中陽希さんが僅か二日間で走破される様子が放送されていました。日本最大急登のブナ立尾根を僅か一時間半で登るとはホント次元が違う化け者ですね。10月に入ってからの入山は、寒さと強風で大変な登山になったようです。先週は我が家からも見える鈴鹿山脈の御在所岳、釈迦岳へ登頂され、多くの登山者に頂上で歓迎を受けたそうです。無事に最後の御岳まで登頂出来るように応援したいですね。次回放送は12月12日です。

さて、今回は水晶小屋近辺から、水晶岳までの行程の景色をご紹介します。

歩いてきた稜線。水晶小屋の手前は厳しい起伏が続きます。
c0356757_00121319.jpg



水晶小屋へ最後の急登。
c0356757_00122701.jpg



左奥のピークが槍ヶ岳
c0356757_00123951.jpg



鷲羽岳への稜線
c0356757_00125239.jpg



左奥に黒部五郎岳。手前の台地は雲ノ平(水晶小屋付近より)
c0356757_00130709.jpg



中央のピークが水晶岳
c0356757_00131963.jpg


右側のピークが水晶岳頂上
c0356757_00133315.jpg



中央のピークは祖父岳、右奥のピークが黒部五郎岳
c0356757_00134713.jpg

左から槍ヶ岳、鷲羽岳、双六岳(水晶岳頂上より)

c0356757_00140255.jpg



水晶岳頂上は大賑わい
c0356757_00142534.jpg


水晶岳頂上
c0356757_00153854.jpg



左奥薬師岳、左手前水晶岳北峰、右手前赤牛岳、右奥立山連峰(水晶岳頂上より)
c0356757_00162303.jpg



中央に黒部湖が見えます。
c0356757_00171098.jpg


奥の山が薬師岳。
c0356757_00172259.jpg



次から次へ登山者が水晶岳頂上に到着です。
c0356757_00174126.jpg



中央に槍ヶ岳、右側に鷲羽岳
c0356757_00175311.jpg



左のピークから水晶岳、赤牛岳、立山連峰
c0356757_00182419.jpg



正に黒部川源流からの眺望。中央に黒部湖があります。
c0356757_00191445.jpg



登山者が憧れる水晶小屋。ついに泊まることが出来ました。
ヘリコプター墜落事故がありいろいろ大変だったようですが、新しく作り直され綺麗になりました。
ただこの日は定員40人に対し宿泊者は120人。遅く到着した人は土間に寝かされていました。
標高が高いのと人が多かったためなのか、酸素が薄く息苦しかったです。
c0356757_00192555.jpg



この日歩いてきた稜線。左奥のピークが野口五郎岳。
c0356757_00193635.jpg


ブロッケン現象。人影分かりますか?
c0356757_00200242.jpg


珍しい白い虹。分かりますか?
c0356757_00201130.jpg

次回は、いよいよ秘境の秘境赤牛岳への行程です。お楽しみに。



by dream_77 | 2015-11-15 00:37 | 北アルプス水晶岳 | Comments(0)
2015年 10月 29日

北アルプス水晶岳3

山好きのお方お待たせしました。水晶岳登山その3を投稿させて頂きます。
今回は登山を始めて二日目、野口五郎岳から水晶小屋までの道のりです。
日本最後の秘境、黒部川源流。標高3000m級の稜線からの絶景をご堪能ください。

中央の山が野口五郎岳頂上です。頂上は双六岳のようになだらかですね。右側に槍ケ岳が現れました。
c0356757_19452723.jpg




野口五郎岳頂上2924mに着きました。
新御三家として大人気だった野口五郎。美人の奥さんと結婚して幸せそうですね。この山から命名したと聞いていて、一度登ってみたいと前々から思っていました。
c0356757_19461346.jpg



野口五郎岳頂上から北側を望みます。後立山連峰、白馬岳も綺麗に見えますね。
見える小屋は野口五郎小屋です。料理が美味しいですよ。
c0356757_19453457.jpg





南側の稜線は北アルプスでは珍しく広くなだらかです。
c0356757_19454090.jpg




中央奥の山が鷲羽岳
c0356757_19454996.jpg




これから歩く水晶岳への稜線です。一番右側の頂きが目指す水晶岳です。
c0356757_19460326.jpg





雲一つ無い快晴。槍ケ岳も綺麗に見えます。
c0356757_19462646.jpg





綺麗なカール地形と池塘が現れました。ここが黒部ダムの最上流部で黒部川源流の一部です。
c0356757_19481937.jpg





紅葉が綺麗ですね。正に絶景です。
c0356757_19483179.jpg





右側を見ると明日歩く読売新道の稜線が綺麗に見えます。右側の高い頂が赤牛岳です。
c0356757_19484436.jpg






稜線が狭くなってきました。左側の頂が鷲羽岳、右側の頂が水晶岳です。
c0356757_19485699.jpg






槍ヶ岳の手前が硫黄岳です。地層、岩質はころころ変わりますので、このように崩壊が激しい山もあります。
c0356757_19490838.jpg





天気が良いと気持ちよく歩くことが出来ます。
c0356757_19492209.jpg





このように岩だらけの場所もあります。非常に歩きにくく危険です。
c0356757_19493856.jpg





左側に立山連峰、右側に野口五郎岳。ナナカマドの紅葉が綺麗です。
c0356757_19495197.jpg




左側に赤牛岳。中央に立山連峰。その下部に黒部ダムがあります。
c0356757_19500661.jpg





右奥に槍ヶ岳。
c0356757_19505863.jpg






左奥が野口五郎岳。ここまで歩いてきました。
c0356757_19522276.jpg




右側の頂きに水晶小屋があります。
c0356757_19523673.jpg





右側の頂が水晶岳。左側の頂きに水晶小屋があります。ここからは傾斜がきつくなり大変です。
c0356757_19525134.jpg

次回は水晶小屋から水晶岳への道のりをご紹介します。登山者のあこがれ雲ノ平を見下ろす景色は正に絶景ですよ。お楽しみに。




by dream_77 | 2015-10-29 19:47 | 北アルプス水晶岳 | Comments(0)
2015年 10月 11日

北アルプス水晶岳2

水晶岳の記事をお待ちの皆さん長らくお待たせしました。
今回縦走したコースは以下の通りです。

9月11日(金)名古屋-(車)-七倉(車中泊)
9月12日(土)七倉-(タクシー相乗り)-高瀬ダム-(ブナ立尾根)-烏帽子小屋-烏帽子岳-烏帽子小屋宿泊
9月13日(日)烏帽子小屋-(裏銀座縦走コース)三ツ岳-野口五郎小屋-野口五郎岳-水晶小屋-水晶岳-水晶小屋宿泊
9月14日(月)水晶小屋-水晶岳-赤牛岳-(読売新道)-奥黒部ヒュッテ宿泊
9月15日(火)奥黒部ヒュッテ-黒部ダム-(トロリーバス)-扇沢-(タクシー相乗り)-七倉-(車)-名古屋

7年前のシルバーウィークは南アルプス赤石岳から聖岳への縦走に挑戦。天気に恵まれ最高の思い出を作ることが出来ましたが、今回のシルバーウィークは北アルプスで唯一残っている水槽岳を制覇するには最高のチャンス到来。長雨が続き天気が心配されましたが、何とシルバーウィーク期間中は天気に恵まれ、またまた最高の登山を堪能することが出来ました。

11日(金)は仕事を終わらせ一旦自宅に帰り19時に出発。七倉には23時に着き駐車場はまだまだ空きが多く余裕で駐車。この日は素晴らしい星空。明日に備えすぐに就寝。
12日(土)七倉からは登山口の高瀬ダムまではタクシーでの移動。2時間歩けば行くことが出来るがその気は全然無し。6時半からタクシーの乗車が始まるので、少し余裕を持って4時45分に起きたら、何とタクシー待ちの行列を発見しびっくり仰天。大急ぎで荷造りして行列に並ぶと今日は特別で5時半からタクシーが来るとのこと。隣のご夫婦と話していたら、私が宿泊予定の烏帽子小屋と水晶小屋は予約が出来なくて、テント泊にしたとのこと。「えー、まじですか?ここまで来て、こんな良い天気なのに、今更引き返すのー!」烏帽子小屋に電話を掛けてみるが電話が繋がらず、どうしようかと悩んでいる間にタクシーの順番が回ってきてしまい、とりあえず高瀬ダムまで行くことに。高瀬ダムに到着後、公衆電話から再度烏帽子小屋に電話してみると、泊めてあげるとの返事をいただき、一気にやる気満々になって登山開始。高瀬ダムから烏帽子小屋までのブナ立尾根は北アルプス三大急登の一つで、いきなり急登の連続。ただ蟻の行列のように多くの登山者が続いて歩いているので、全体にゆっくりしたペース配分。視界がきかない樹林帯の中を長時間歩くのは辛いけど、光岳で鍛えた甲斐があって余裕で烏帽子岳に到着。烏帽子小屋の予約が取れなかった人は、次の野口五郎小屋まで歩いていきました。運良く烏帽子小屋に泊まることが出来て神様に感謝感謝。


七倉からタクシーで高瀬ダムに到着。いよいよ出発です。
c0356757_21162517.jpg




北アルプス三大急登ブナ立尾根も終盤、視界が開けダテカンバの木も色づいていました。
c0356757_21163586.jpg




ようやく烏帽子小屋に到着。多くの登山者で賑わっています。
高瀬ダムから烏帽子小屋まで標準タイム6時間を約5時間で登ることが出来ました。
c0356757_21352394.jpg




受付を済ませ、荷物を部屋に置いてから烏帽子岳に向かいます。
振り返り南側を見ると明日登る三ツ岳が綺麗に見えました。
c0356757_21165002.jpg





一山越えたら烏帽子岳が姿を現しました。槍ヶ岳より格好いいですね。
c0356757_21165794.jpg





周りの樹木も色付き格好いいです。
c0356757_21170650.jpg





烏帽子岳頂上は狭く超危険です。
c0356757_21171768.jpg





烏帽子岳頂上付近から船窪岳方向。皆さん盛んにシャッターを押しています。
c0356757_21172733.jpg





左から烏帽子岳、南沢岳、針ノ木岳?
c0356757_21173631.jpg





明日縦走する三ツ岳への稜線
c0356757_21174731.jpg




約2時間で烏帽子小屋に帰ってきました。
この小屋の夕食は何とビーフシチュー。滅茶苦茶美味しかったです。限定60名様。飛び込みの人は別メニューでした。
c0356757_21175660.jpg




9月20日(日)
午前4時半烏帽子小屋を出発。
明け方は雲が多かったですが、6時頃から日が差してきました。
今日縦走する裏銀座縦走コース、野口五郎岳(左側)と今回の目的地水晶岳(右側)が綺麗に見えてきました。
c0356757_21180681.jpg





平行して西側には明日向かう読売新道、赤牛岳(右側)が綺麗に見えます。
c0356757_21181728.jpg




日頃は登山客が少ない静かな稜線ですが、シルバーウィーク期間中は今年一年で一番、いやいや前回7年前のシルバーウィーク以来の混み具合だったようで、人の行列が途切れることはありませんでした。
c0356757_21182773.jpg





水晶岳が近づいてきました。
c0356757_21184183.jpg




野口五郎岳も近づいてきました。
c0356757_21204228.jpg





振り返ると立山(左側)と歩いてきた三ツ岳、その奥に白馬岳も見えます。
c0356757_21205432.jpg





三ツ岳、船窪岳の後方には、針ノ木岳、爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、白馬岳等、後立山連峰の山々が一望できます。
c0356757_21210336.jpg




立山をバックに
c0356757_21213613.jpg




3時間歩いてようやく野口五郎小屋に着きました。
c0356757_21214333.jpg

明日は日帰りで和歌山県内紀勢本線の「くろしお」にお別れの挨拶をしてきますので、続きは火曜日以降になります。


by dream_77 | 2015-10-11 23:41 | 北アルプス水晶岳 | Comments(0)
2015年 09月 23日

北アルプス水晶岳

6年ぶりのシルバーウィーク、皆さんはどこかお出かけになりましたか?私は予定通り北アルプス水晶岳を登ってきました。
水晶岳に辿り着くには富山の折立、岐阜の新穂高温泉、長野の高瀬ダム、それぞれの登山口どこから登っても2日必要ですので、最低3泊4日の行程になります。過去に2度、目の前にある鷲羽岳までには行ってますが、その時はどうしても帰る予定があって今まで水晶岳には辿り着くことが出来ませんでした。なかなか平日に休めない私には6年ぶりのシルバーウィークは願ってもないチャンスですので、前々から予定を立てていましたが、天気と運に恵まれ素晴らしい縦走を堪能することが出来ました。
とりあえず、水晶小屋と水晶岳頂上からの絶景をご紹介します。


夕日に照らされた野口五郎岳(水晶小屋より)
c0356757_22434183.jpg




黒部五郎岳(手前)と白山(右奥)の夕焼け(水晶小屋より)
c0356757_22435479.jpg




夕焼けとお月さん(水晶小屋より)
c0356757_22440077.jpg




ご来光と朝焼け(水槽岳頂上より、手前中央は野口五郎岳)
c0356757_22440728.jpg





朝陽にに照らされた薬師岳(左奥)北峰(中央手前)赤牛岳(右奥)(水晶岳頂上より)
c0356757_22441846.jpg





朝陽に照らされた鷲羽岳(中央)左奥には槍ケ岳(水晶岳頂上より)
c0356757_22442748.jpg

光岳では足が動かなく程疲労困憊しましたので、今回の縦走は非常に心配しましたが、標準タイム以内に全て歩くことが出来、全然疲れも残りませんでいた。まだまだ私にも体力がありそうです。これで、南アルプスに続き、北アルプス内にある日本百名山15座も制覇することが出来ました。
道中、多くの鉄人の方と交流することが出来て刺激にもなりましたし、非常に楽しく縦走することが出来ました。特にお世話になった群馬のMさん、東京のSさん家族の方々、いろいろありがとうございました。機会がありましたら、またどこかの山で御一緒させて頂きたいですね。

道中のアルバムは、次回投稿させて頂きますので、またよろしくお願いいたします。









by dream_77 | 2015-09-23 23:27 | 北アルプス水晶岳 | Comments(0)